子供のお祝いごとって多いよね

生きていく中でお祝い事等はたくさんありますが、特に多いのが子供のお祝い事だと思います。 産まれる前からお祝いというのはありますがご存知でしょうか。 帯祝というのがありますが、これは妊娠5か月目の安定期、戌の日に行います。 「岩田帯」と呼ばれる帯を巻く「着帯の儀」が中心となっており、併せて産土神や鬼子母神等安産の神が祀られている神社にて安産祈願をしたりします。

地域によっては時期が少し違うようですので、お住まいの地域ではいつ行うのか調べてみるのもいいですね。 産まれてからは、お七夜と命名式があります。 これは母親と子供が退院後に行う子供の名づけと退院祝を兼ねて身内で行います。 子供にとっては生まれて初めてのお祝いになり、生後7日後に行われます。 ただ、現代では退院直後ということもあり、親戚知人を招いて盛大に、というのは少なくなってきています。

また、出産というのはお母さんはもちろん、周りの人にも幸せが伝わる瞬間でもあるものです。 命の誕生を喜ぶ気持ちを込めてのお祝いとなります 生後一か月目には「お宮参り(初宮参り)」があり、無事に1ヶ月を迎えられたことを産土神に報告するために神社へお参りをします。 赤ちゃんが落ち着いて来たら、「お食い初め」がありますね。 歯が生えはじめる時期、ちょうど100日目頃に母乳以外の食べ物を食べさせる真似をさせるのがこの行事で、地域によって食事内容は様々で、正式には「御百日祝」といいます。

少し大きくなると、「初節句」があります。 女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句があり、これからも健やかなる成長と良縁に恵まれるようにとの祈りを込めて行われます。 もう少し成長すると、今度は「七五三」があり、7歳の女の子、5歳の男の子、3歳の男女の成長をお祝いします。 地域によっては男の子は5歳の時だけ、という場所もあるようです。

その後は、小学校、中学校への入学式もあり、その間に「十三参り」というお祝いがあります。 これは数え年で13歳を迎えた子供がこれまで健やかに成長出来たことへの感謝とこれからのますますの成長を願い行うものです。 その後は、成人祝として成人式があり、参加された方も多いのではないでしょうか。

このように、子供である時期でもこれだけたくさんの行事、お祝い事があります。 特に、生まれてから七五三までの間が目まぐるしく行事もありますので、親となる人は大変な時期でもありますが、子供の成長を祈って、家族で元気に過ごしていきたいですね。

オススメサイト

Fukuoka Hotels repeatraveler.com
 Choose the best accommodation deal for your trip

マリーナ ベイ サンズの予約
 予約の仕方は簡単

Copyright(C) 子供のお祝いごとって多いよね All Rights Reserved.